【実際にかかった初期費用公開】ビレッジハウス入居時にかかる費用

ズバリ!

①入居月の日割り賃料

②翌月の賃料

③家財保険料

この3点の費用があれば引っ越し可能です。

それにプラスで引っ越し費用や、駐車場代など、それぞれの必要な部分を補う経費は必要ですが、一般に賃貸契約するよるりかなりお安く引っ越し可能です。

引っ越したいけど初期費用で悩む

一般的には、新しく賃貸契約をする時に【初期費用】が家賃の3~6ヶ月分くらいかかりますよね。

なので、今住んでいる家の更新がきても更新料の方が安いので、住み心地よりも引っ越す手間や、初期費用の事を考えると更新した方が無難かなと感じて更新しているという方も少なくないはずです。

今住んでいる所から引っ越したいけど初期費用がない・・・。

良い部屋を見つけたけど初期費用が高い・・・。

そんな方には、ビレッジハウスは少なからず初期費用の負担という面では軽くなるはずです。

実際にかかった入居費用

家賃77,000円

駐車場5,720円

の場合

初期費用
初期費用

家財保険料:15,000円のコース選択 → web申し込みの為500円引き

納税証明書:400円(交付手数料)

引っ越し費用:40,000円


①入居月の日割り賃料5,140円 + 入居月の駐車場日割り385円

②翌月の賃料77,000円 + 駐車場5,720円

③家財保険料14,500円

合計は 102,745円 です。

①~③の他、私の場合は納税証明書の追加書類があったり、引っ越し費用が追加でかかっていますが、そういった物が必要でなければ本当に初期費用は①~③で済みます。

一般的な賃貸物件にかかる費用との比較

実際の画像付きで初期費用紹介されても、初めて賃貸契約される方や、本当にこれだけ?!と疑う方もいらっしゃるかもしれません。

そりゃそうですよね。

安すぎですもん(笑)

一般的に賃貸契約にかかる費用としてご参考までに。

金額はビレッジハウス入居時の金額で表示しています。

敷金 2ヶ月分                             144,000
礼金 1ヶ月分                               77,000
仲介手数料 1ヶ月分                               77,000
入居月家賃                                   5,140
入居月駐車場                                      385
前家賃                                 77,000
前駐車場                                   5,720
家財保険料 2年                               14,500
保証会社利用 初回契約料                               20,000
鍵交換代金                                 16,500
合計                               427,245

保証会社と鍵交換代金は前に住んでいた物件での契約時の金額で表示しました。

保証料はこの初回契約料の他に、毎月家賃の〇%とか、年契約で▲▲円とか、家賃に上乗せで費用がかかってきます。


では、ビレッジハウスの公式サイトから入居すると

敷金 2ヶ月分                                           0
礼金 1ヶ月分                                           0
仲介手数料 1ヶ月分                                           0
入居月家賃                                      5,140
入居月駐車場                                         385
前家賃                                    77,000
前駐車場                                      5,720
家財保険料 2年                                  14,500
保証会社利用 初回契約料                                           0
鍵交換代金                                             0
合計                                    102,745

表の通りで、金額は一般的な賃貸契約のおおよそ1/4で済みます。

なぜ、そんなに安く済むのか?

表を見ていただければ分かりやすいように、ビレッジハウスは費用がかからない部分があるからなのです。

①敷金不要

②礼金不要

③仲介手数料不要

④保証会社費用不要

⑤鍵交換代金不要

こういった一般的にはかかる費用もビレッジハウスでは、費用がかかりません。

厳密に言うと

①の敷金不要は、入る時は全くかかりませんが、退去する時に「クリーニング費用」がかかります。

③の仲介手数料は、ビレジハウスの公式サイトから申し込みした場合のみかかりません。

 

保証会社の契約も、昨今の賃貸契約では不可欠となってきていますが、ビレッジハウスではこの保証会社も自社で担っているため、初期契約費用がかからないですし、鍵もビレッジハウスの方で負担して交換して下さっています。

一般的に賃貸契約の際に保証会社との契約も、鍵の交換も、敷金礼金もそうですが必要な初期費用となっています。

この初期費用に加え、関東近隣にお住いの方は2年ごとにやってくる【更新料】問題もありますね。

そういった諸々を含めてもビレッジハウスは圧倒的にコスパは最強だと思っています。

冷静になって優先順位で選択する

初期費用についてお話してきましたが、引っ越しをしたい理由として様々なことが挙げられます。

引っ越したいけど初期費用で迷っている方には朗報と言えますが、それぞれ事情や引っ越す目的が違いますので、一度冷静になってご自身の優先順位の洗い出しをおススメいたします。

もっと便利な所へ越したいという方にとっては、このビレッジハウスはメリット少なめです。

新築の香りのするところに住みたい!とか、ディスポーサー付きマンションがいい!家電付きがいい!等々、自分の優先するべき項目の中で決めるのが一番です。

自分の優先すべき項目が

*初期費用を抑えたい

*更新料は無い方がいい

*少し広いところに住みたい

*駐車場があるところに住みたい

*アパートよりマンションがいい

こういった方にとってはビレッジハウスは、とてもメリットのある物件と言えます。

それぞれの優先したい項目が違いますので、すべての方におススメ!とは行きません。

ご自身ととよく相談して、何が一番欲しいのか?何を望んで引っ越ししたいのか?後々はどうなのか?

実際に住んでいるビレッジハウスの情報を発信していますので参考になれば幸いです。

まとめ

ご自身の優先順位がビレッジハウスとマッチングする方にとっては最高の住まい!

初期費用を抑えたいのであれば間違いなく【ビレッジハウス公式サイト】からのコンタクトを!

初期費用の安さは、これまでの常識を覆すほどの安さです。

本当にこれだけで良いの?とお思いの方、「本当です(笑)」

損をしない為にも、是非とも公式サイトからファーストコンタクトを取って内見へ一度行ってみて下さい。

ビレッジハウス公式サイトはこちらから ⇒【village house ビレッジハウス公式ホームページ

 

関連記事

この記事では、内見申し込みから契約までの流れを、お伝えいたします。 「そのファーストコンタクトちょっと待った!」【ビレッジハウスの公式ページ】への申し込みですか? 少しの違いで損をしないための情報を記載していますので、申し込み前にご一読[…]

ビレッジハウス
スポンサーリンク

 

>それぞれの【心地よい暮らし】について

それぞれの【心地よい暮らし】について





リモートワークで住まいをより快適に!と思っている方も多くなっている昨今、価値観や暮らし方、住まいについて考えている方それぞれの【心地よい暮らし】が見つかれば幸いです。

まずは、コスパ最強!【ビレッジハウス】についてを発信しています。

error: Content is protected !!