一人暮らしには広すぎる?!1人でビレッジハウスで暮らすという選択

安くて間取りも良さげだけど、敷地内に何棟も建っている団地みたい?

1人暮らし、している人いるのかなぁ?!

そんな疑問にお答えします。

私が住む地域での結果

☑ビレッジハウスでの一人暮らしは、『あり』

☑一人暮らしの割合は、女性より男性の割合の方が多い。

☑年齢的には若い世代より高齢者世代の方が多い。

☑間取りが広いとファミリーの場合が多い。

なぜ、そんなことが分かったのかというと【回覧板】と【自治会】システムです。

今年もコロナ禍ということでイベントは開催されませんが、そういったコミュニティーがあり参加した際に見聞きした情報です。

実際に暮らしている私は?

女性の一人暮らしです。

間取り3DKです。広いです(笑)

私の地域では、3DKもしくは2DKが主流です。

2DKは6畳と4.5畳のタイプなので、一人暮らしでもそんなに広い感じではないと思います。

実際にこの地域を調査してみたら、男性の一人暮らしの方は多いです。

女性の一人暮らし、3DKは私くらいでした。

3DKタイプは、やはりファミリーが多いですね。

私がビレッジハウスで一人暮らしする理由

以前、駅近のワンルームマンションに住んでいました。

すごく便利でしたが駐車場代が23,000円。

幹線道路も近く、駅が近くだったため、始発から終電まで電車の音がずっとしている環境でした。

なので、少し郊外で不便でもいいから駐車場代がもう少し安く抑えられて静かな所を探した結果、ビレッジハウスにたどり着いたのです。

入居する際、2DKの部屋と3DKの部屋を内見しましたが、新しい生活のことを考えて心トキメいたのは3DKの部屋でした。

もちろん2DKの部屋の方が家賃が安いですし、コスパの魅力はありましたが3DKにトキメいちゃった私はこちらを選びました。

1ヶ月に支払う家賃としては、ほとんど金額は同じでこんなに広い家に住める!

と、いうことが魅力だったのかもしれません。

実際に広い部屋に暮らしてみた感想

とっても快適です。

人間らしい(ちょっと言い過ぎ?!)生活を送ることができています。(笑)

ワンルームで暮らしていた頃は全て1つの空間で行わなければならず、メリハリがなかなかつけづらい状況でした。

寝食同じ空間なのは想像に難くないと思いますが、着替えもメイクも振り向けばすぐキッチンという状況なのです。

そのことを思えば、料理する時はキッチンに立ち、キッチンカウンターで食事をし、くつろぎたければリビングのソファーで横になる。

こうして執筆しているのは【仕事部屋】ですし、夜になれば寝室で休む。

古いけど洗面化粧台があるのでメイクはそこでできますし、着替えもキッチンがすぐに横にあるような状況ではなくなりました。

暮らしを丁寧に『心地よい暮らし』が実現しています。

それと余談ですが、「トイレとお風呂は別がいい!」と、希望される方が多いと聞きます。(私はそこのこだわりは無かったのですが)

ビレッジハウスは古い物件故の産物で、ほとんどの物件が別々です。

私の不満1つ

そんな私でも不満が1つあります。

それは玄関のインターフォンです。

モニター付きではないので、特に夜の訪問が怖いです。

静かな住宅街ですので、街の明かりもない状態で宅急便が来た日にはドキドキです。

自分が頼んだ物なら分かりますが、贈り物の場合などモニターついてたらな~と思います。

欲を言えば、録画機能付きモニターだと尚良いですけどね。

インターフォン玄関
玄関 インターフォン
インターフォン
室内 インターフォン

まとめ

ビレッジハウス一人暮らし、女性の割合より男性の割合の方が多い。

年齢的には若い世代より高齢者世代の方が多い。

間取りが広いとファミリーの場合が多い。

私が住んでいる地域はそんな感じですが、何を優先させるのか?が重要だと思います。

この地域で女性一人暮らししている私は「レアキャラ」なのでしょうが、とっても快適に暮らしています。

皆さんそれぞれの快適な暮らしには何が必要で、何が不要なのか。

間違いなく【コスパ】は最強です!

コスパ重視の方は、関連記事も併せてご覧ください。

入居時、損をしないための手順を書いています。

関連記事

この記事では、内見申し込みから契約までの流れを、お伝えいたします。 「そのファーストコンタクトちょっと待った!」【ビレッジハウスの公式ページ】への申し込みですか? 少しの違いで損をしないための情報を記載していますので、申し込み前にご一読[…]

ビレッジハウス
>それぞれの【心地よい暮らし】について

それぞれの【心地よい暮らし】について





リモートワークで住まいをより快適に!と思っている方も多くなっている昨今、価値観や暮らし方、住まいについて考えている方それぞれの【心地よい暮らし】が見つかれば幸いです。

先ずは、コスパ最強!【ビレッジハウス】についてを発信しています。

error: Content is protected !!