【必読】ビレッジハウス申し込みちょっと待った!後悔しないためのノウハウ

この記事では、内見申し込みから契約までの流れを、お伝えいたします。

「そのファーストコンタクトちょっと待った!」【ビレッジハウスの公式ページ】への申し込みですか?

少しの違いで損をしないための情報を記載していますので、申し込み前にご一読下さい。

①内見申し込みをする

注意:初期費用を節約したいなら【公式ページ】から!

この時、注意したいのが【公式ホームページ】か【公式TEL】から申し込むか、

【リアルな不動産】を介すか、ということです。

その選択、どちらにもメリット、デメリットがあります。

それぞれについて、お話していきます。

初期費用を節約したい方は断然

【公式ページからの申し込みをおススメいたします】

何故なら、仲介手数料がかからない「無料」だからです。

【公式ホームページ】

メリット : 不動産仲介手数料を支払わなくてすむ(ここが最大の節約ポイントです)

デメリット : 自分で契約手続きが必要なので自分で動くことになる

【不動産】

メリット : 申込書を出せば先方とやり取りは不動産でしてくれる

デメリット : 仲介手数料がかかる

ネットで物件を検索すると、同じ部屋でもいくつかの不動産で同じ部屋が出てくる場合がありますよね。

ビレッジハウスの場合、リアル店舗の不動産を介さず、直接ビレッジハウスの窓口へ申し込みをすることで【不動産仲介手数料】を支払わずに済みます。

申し込み手続きを一人でするのが不安という方や、面倒だから誰かにやって欲しいという方は、結構自分で動かないといけないので、不動産を介した方がベストです。

どちらにもメリット、デメリットがありますので、ご一考下さいませ。


私の場合、公式ホームページから申し込みをしたので、その時の場合で流れを進めて行きます。

公式サイトはこちらからご覧いただけます。

ビレッジハウス公式ホームページ*クリックすると公式HPへ移動します

内見希望日をメールすると後日TELが折り返しあります。

そのTELで内見日、時間を決定します。

②内見に行く

当日は直接物件へ足を運び、立ち合いして下さるのは管理人さんです。

希望する部屋が1つの場合もあれば、棟が何棟かあってそれぞれに空室がある場合など、見たい部屋がいくつかある時は、見れる部屋は全て見ておいた方が良いです。

何故かというと、同じ間取りや、同じ平米数でも、部屋によってグレードが違っていたり、リフォームだけの部屋もあればリノベーションされた部屋もあったりします。

浴室のユニットバスが違っていたり、給湯設備が違っていたり、細かいところですが微妙に全て一緒という感じではないです。

外観からは分からないことがありますので、可能なら一通り見て気に入った部屋を申し込むのが良いです。

③申込書を出す

申込書は管理人さんが用意して下さっています。

その場で申し込みしたい時は直ぐに記入して提出可能です。

現住所やメアド、勤務先や年収など必要事項を記入していきます。

持ち戻って考えたいと時は、申込用紙をもらって帰ります。

申込書の提出はFAXします。

自宅にFAXがない方も多いかもしれませんが、その時は管理人さんに相談してみるのが良いです。

私の場合は、内見時に申し込みしましたので管理人さんがFAXして下さいました。

④電話して申し込みを進める

その場で申し込みをした場合は、二時間くらい時間をおいてから申し込みセンターへTELします。(TELする先は管理人さんが教えて下さいます)

申込書の内容などお互いに確認します。

審査を受けるにあたり提出書類の内容を聞きます。

必要書類
申し込み時 必要書類

提出書類をメールに添付して送ります。

その後は、メールでのやり取りで不備があった場合や、必要書類の追加などメールにて連絡がきます。

⑤審査の結果を待つ

審査結果が判明するまでの目安日数を教えてもらいます。

目安の日数が過ぎても連絡来ない場合は、こちらからTELにて問い合わせすることをおススメ致します。

私の場合、コロナ影響で通常より少ない人数で処理しているので時間がかかっていると言われましたが、結果が出るまでに24日かかりました。

既に1ヵ月後に引っ越すと前不動産には連絡済でしたのでかなり焦りました。

結果が出てから振り込みや契約書の提出をしなければならないので、かなりギリギリでした。

それぞれの事情はあることは分かっていますが、督促をしたことで書類の不備や追加の書類の提出を促された事実もありますので、目安の日数が経過した場合は、こちらから問い合わせした方が賢明と判断しました。

⑥契約書の提出

契約書はセブンイレブンのマルチコピー機からプリントアウトします。

メールで指示されるのでセブンイレブンにて手続きします。

この時プリントアウトするのにお金はかかりません。

A3の契約書をプリントアウトします。

必要事項を記入してFAXかメールにて書類を先に送っておきます。

契約書の原本は、入居日当日にカギと引き換えに管理人さんに提出します。

まとめ

内見から契約書提出まで、通常不動産で契約した場合より自分で動くことが多い事をご承知していただけたでしょうか。

審査結果がなかなか出なくてヤキモキしたことや、初期費用の振り込みに行く時間がなくてネットバンキングが大活躍したこと、色々ありましたが、こうして自分で動いた対価として仲介手数料、家賃1ヶ月分と思うとお得だったと感じます。

私と同じように仲介手数料分は自分で動ける!家賃1ヶ月分節約したい!お得をしたい!

と、思った方は【ビレッジハウス公式ホームページ】より問い合わせすることが得策です。

公式ホームページへは、こちらから 

検索可能です。ご活用下さい。

スポンサーリンク
>それぞれの【心地よい暮らし】について

それぞれの【心地よい暮らし】について





リモートワークで住まいをより快適に!と思っている方も多くなっている昨今、価値観や暮らし方、住まいについて考えている方それぞれの【心地よい暮らし】が見つかれば幸いです。

まずは、コスパ最強!【ビレッジハウス】についてを発信しています。

error: Content is protected !!